販売方法
  • アスフィップ場集客ビジネスをFCシステムにより全国展開する上で、まず関西にモデルとなる第1号アスフィップ場(コート50〜70面規模)を開設。

  • ソフト面での充実を図り、ホスピタリティをわきまえたスタッフにより他のスポーツ施設や娯楽施設とは違うサービスを提供。ここを基点に全国47都道府県よりサブフランチャイザー(地域代理店)を募集。コート、用具等は、FC契約をしたサブフランチャイザーにのみ供給。

  • 原則的に一般プレーヤーへの用具等全関連商品の小売は、アスフィップ場ショップのみで取り扱うこととする。

既存の流通経路(卸問屋→小売店)には乗せない。

アスフィップスタジアム フランチャイズシステム

  • アスフィップライフの習慣化にはアスフィップスクールを開設しなくてはならない。潜在人口を顕在化させるには、初級クラスを中・上級クラスに上げる。享受能力の開発支援をビジネス化。


  • これこそアスフィップスポーツビジネスの基本課題である。粘り強くこのシステム構築、完成させる。


  • マンパワーとしてホスピタリティをわきまえた指導員、基礎理論、コーチ学を修め、専門職としての資格認定制度を確立。(別、公益法人日本アスフィップ協会が認定業務)

  • ハードウエアとソフトウエアのバランスがとれたアスフィップ場の経営ノウハウの蓄積。


  • 単なるアスフィップコート面貸料のスペース提供ビジネスに終わってはならない。したがって、幅広いエンターテイメントイベントの企画実施続行が肝要。

 大阪市都島区中野町4丁目20番1-405 スフィップ株式会社 TEL:06-6354-3611 FAX:06-6354-3610